2022
8月

環境コラム「ご存じですか?」

フードバンクを支援するには

文・山川文子

フードバンクとは

先日、フードバンクの拠点を見学する機会がありました。
フードバンクとは、寄付された食品を受け入れ、必要としている団体や個人に無料で提供する活動や、活動をする団体のことを指します。「食料の銀行」=「フードバンク」です。
わたしが見学した拠点の棚には、米や飲料、缶詰、レトルト食品、お菓子などが整然と並んでいました。これらが子ども食堂や福祉施設に提供されたり、炊き出しで利用されたり、フードパントリー*で配布されたりします。
*食品を無料で配布する活動や場

食品ロスの削減に

フードバンクでは、メーカーや小売事業者などから、品質には問題ないものの販売できない食品を受け付けています。たとえば、包装材の印刷ミスや容器のへこみがあるもの、期間限定商品の売れ残り、賞味期限が近いものなどです。賞味期限が迫った防災用の備蓄食品も含まれます。フードバンクに寄付すれば、食品ロスの削減につながり、廃棄の費用もかからずに済みます。
家庭からの食品も受け付けています。フードバンクに直接持ち込む他に、生協などに受け付け用のボックスが設置されていることもあります。

全国のフードバンクの一覧は以下で閲覧できます。
「農林水産省 フードバンク活動団体一覧」(178箇所。令和4年3月31日時点)
https://www.maff.go.jp/j/shokusan/recycle/syoku_loss/attach/pdf/foodbank-18.pdf
フードバンクによって、「常温品のみ」「賞味期限が1か月以上ある」など、受け付ける条件があります。食品以外に歯磨き粉や洗剤などの日用品も扱っているところもあります。

マンパワーや寄付で支援

フードバンクにおける取扱量は増加していますが、活動費や人員の不足が課題になっています。「冷蔵庫や冷凍庫を購入できれば、冷蔵品・冷凍品も扱える」といった声もあります。
私たちは、食品を提供するだけでなく、フードバンク活動を手伝うことやお金を寄付することでもフードバンクの活動を支えることができます。
まずは、お住まいの近くにあるフードバンクを探し、自宅にある食べる予定がない食品を持って行く、というアクションをしてはいかがでしょうか。

山川文子プロフィール

山川文子さんの写真

エナジーコンシャス 代表

執筆や講演を通じて、生活者視点での省エネ、環境に配慮した暮らしの情報を発信。
テレビ、新聞等のメディアでも広く活躍。

東京都地球温暖化防止活動推進センター(クール・ネット東京)顧問
一般財団法人省エネルギーセンター 上級技術専任職(国際業務担当)

[資格]
・消費生活アドバイザー(内閣総理大臣及び経済産業大臣認定)
・家電製品総合アドバイザー(一般財団法人家電製品協会認定)

ページ先頭へ