2021
1月

環境コラム「ご存じですか?」

SDGsとわたし達の暮らし

文・山川文子

2030年までの国際目標

SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)は、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。地球上の「誰ひとり取り残さない」を理念とし、17の目標が設定されています。
17の目標は、貧困、飢餓、ジェンダー、教育、環境、経済成長、人権など多岐にわたります。自分の暮らしとは関係ない項目が多いと感じるかもしれませんが、決してそうではありません。

コーヒーをテイクアウトしたら?

たとえば、カフェでコーヒーをテイクアウトする場面を想像してみます。
コーヒーのカップは紙製、ふたはプラスチック製。ビニール袋に入ったお手拭き、砂糖、ミルク、プラスチックのマドラーと一緒に、紙袋に入れて渡されました。
飲み終わったら、これらはすべてゴミ箱に捨てられ、再利用されることなく焼却されます。マイボトルを持っていけばよかった・・・。自宅で飲むのでお手拭きは不要だった、ブラックで飲むので砂糖、ミルク、マドラーは不要だった・・・。
廃棄物の問題は、SDGsの目標12「つくる責任つかう責任」につながっています。プラスチック製品による海洋汚染の問題は、目標14「海の豊かさを守ろう」につながっています。

コーヒー豆はどこから?

購入した「本日のコーヒー」は、どの国の豆でしょうか?
どのような人たちがいくらの賃金で、一日何時間働いて栽培した豆か・・・、と想いを巡らすと、目標1「貧困をなくそう」、目標10「人や国の不平等をなくそう」に関心が持てるのではないでしょうか?
店内を見回すと、窓際の明るいところにも照明がついています。トイレの照明は常に点灯してあり、暖房便座は温かすぎます。電気の無駄づかいを感じました。店舗の節電は、目標13「気候変動に具体的な対策を」の一つです。

このように、コーヒーのテイクアウトだけを見ても、SDGsのいくつかの目標につながっていることがわかります。SDGsが自分の暮らしと関わっていることを知り、できることを見つけていただきたいと思います。

山川文子プロフィール

山川文子さんの写真

エナジーコンシャス 代表

執筆や講演を通じて、生活者視点での省エネ、環境に配慮した暮らしの情報を発信。
テレビ、新聞等のメディアでも広く活躍。

東京都地球温暖化防止活動推進センター(クール・ネット東京)顧問
一般財団法人省エネルギーセンター 上級技術専任職(国際業務担当)

[資格]
・消費生活アドバイザー(内閣総理大臣及び経済産業大臣認定)
・家電製品総合アドバイザー(一般財団法人家電製品協会認定)

ページ先頭へ