2021
5月

環境コラム「ご存じですか?」

高校教科書 ~日常生活から学ぶ~

文・山川文子

電力の料金プランを比較

2022年度の高校教科書の検定結果に関する新聞記事を目にしました。
日常生活とつながりを持たせたものや、一つのテーマを深く掘り下げるような内容とする教科書が目立つとのことです。
中には、エネルギーや環境に関するものもあります。
数学のある教科書には、2つの電力会社の料金プランを比較する問題が取り上げられています。教科書の中身は見ていませんが、毎月固定されている基本料金と、使用量に応じて決まる従量料金の単価を基に、どちらのプランの電気代が安いかなどを試算する問題なのでしょうか? このような実生活で活かせる学びの題材であれば、数学はもっと楽しい教科になると思われます。

日本の将来のエネルギーを議論

地理総合のある教科書では、「日本のエネルギーの将来を考える」をディスカッションのテーマとして展開しています。日本を含めた世界各国のエネルギー自給率、太陽光発電・風力発電の設備利用率、国際送電網の有無などのデータや、日本の発電電力量やその電源構成の推移グラフなどを示した上で、将来の展望として、「化石燃料中心」「原子力発電との共存」「再生可能エネルギーに迅速に移行」の3つの意見のメリット、デメリットを議論し、自分の意見をまとめる、というものです。
これはまさに、現在検討されている新しい「エネルギー基本計画」に関わる内容です。学習後は、この問題に関するニュースが身近に感じられ、関心が持てるようになるでしょう。

意識や行動の変化

他にも、家庭科では、SDGs、プラスチックごみの削減、フェアトレードなどが取り上げられています。これらを学習した後に、コンビニのレジ袋が有料になったことについて、あるいは、スーパーにある少し値段が高いフェアトレードのチョコレートを目にしたときに、高校生の意識や行動がどう変化しているのか、興味深いです。
これらを検証していくことも必要と思われます。

山川文子プロフィール

山川文子さんの写真

エナジーコンシャス 代表

執筆や講演を通じて、生活者視点での省エネ、環境に配慮した暮らしの情報を発信。
テレビ、新聞等のメディアでも広く活躍。

東京都地球温暖化防止活動推進センター(クール・ネット東京)顧問
一般財団法人省エネルギーセンター 上級技術専任職(国際業務担当)

[資格]
・消費生活アドバイザー(内閣総理大臣及び経済産業大臣認定)
・家電製品総合アドバイザー(一般財団法人家電製品協会認定)

ページ先頭へ