Author Archives: MiyamotoAkihito

「プログラミングで海のSDGs!」

イベント・広報

海ごみ問題/SDGs/プログラミングに取り組む、親子向けイベント

「プログラミングで海のSDGs!」

2019年7月〜2019年11月
主催:一般社団法人イエロー ピン プロジェクト 特別協力:公益財団法人 日本財団

enequitch
プログラミングで海のSDGs! 公式サイト
https://programming.or.jp/umip/
※このイベントは、海と日本PROJECTの一環で実施しています

一般社団法人イエローピンプロジェクトは、今後の社会課題解決のための取り組みとして、ICT(IoT)活⽤/プログラミングが重要な役割を果たすと考え、「海と日本PROJECT」(子どもたちを中心に海への関心や好奇心を喚起し、海の問題解決に向けたアクションの輪を広げる、日本財団や政府が推進する活動)に参加、SDGsとプログラミングを掛け合わせた、親子向けイベントを、東京都内や横浜市などで主催しました。

私たちリトルスタジオインクは、イエローピンプロジェクトに協力し、小学生向けのプログラミングワークショップを中心に参加。プログラミングの楽しさと、海ごみという身近な課題の発見、社会課題解決の大切さを伝えることができました。プログラミングワークショップでは、micro:bitや、ブロックプログラミングなどを利用し、初心者でも参加できるように工夫しました。

「Data StaRt データ・スタート」

WEB・映像

地方公共団体のためのデータ利活用支援サイト

「Data StaRt データ・スタート」

2019年1月〜2019年3月
総務省統計局/統計データ利活用センター

enequitch
Data StaRt データ・スタート 
地方公共団体のためのデータ利活用支援サイト
https://www.stat.go.jp/dstart/

EBPM(証拠に基づく政策立案)の取り組みが推進されており、国はもちろん地方公共団体においても、統計データの利活用が注目されています。
•地方自治体が抱えている、現状や政策課題をすばやく的確に把握したい
•有効な対応策をえらび、その効果を科学的に検証したい
•でも、どのように取り組みを進めればいいか、わからない
地方公共団体で実際に政策づくりや企画に携わったり、課題を抱える皆様を支援すべく、具体的な情報を集めたWEBサイトの制作・構築を行いました。
全国の先進事例の取材記事、有識者へのインタビュー映像、広報用リーフレットやロゴマークなどを制作しました。

「Eggs」社会課題解決型ビジネス×環境 冊子

印刷

コロンブスの卵を育む次世代の担い人

「Eggs」社会課題解決型ビジネス×環境 冊子

2018年1月~2018年3月
環境省

「Eggs」社会課題解決型ビジネス×環境 冊子

社会課題と環境の問題をビジネスで解決しようとする7名と31のケース、高校生たちを紹介する冊子とパネルの制作を行いました。
報告書の様な文字の多い硬いイメージを無くし、雑誌の様にいつの間にか読み進めてしまうデザインにしたことによって、重たいテーマを身近にし、幅広い年代の方に興味を持ってもらえる工夫をしました。

東京都歯科保健推進事業

印刷・広報

東京都歯科保健推進事業

歯科保健推進ポスター・キャラクター・冊子

2017年7月~2018年3月
東京都福祉保健局/東京都歯科医師会

tokyoto

「乳幼児期」「成人期」「高齢期」の3つのライフステージごとの歯科保健を、東京都民に広く普及啓発するために、都営線車内ポスター、A4ポスター、保健推進計画の冊子およびパンフレット、イメージキャラクターの作成およびキャラクターを利用したノベルティグッズの制作を行いました。

救急の日啓発ポスター

印刷・広報

「救急の日」「救急医療週間」啓発用ポスター

救急の日啓発ポスター

2018年7月~2018年8月
救急振興財団

救急救命ポスター

2018年度の「救急の日」及び「救急医療週間」啓発用ポスターに、ガチャピンとムックが登場!全国の消防本部などで掲示されます。応急手当の重要性、特に救命の連鎖は国民の一人一人が支えており、人命救助はその場に居合わせた人が重要です。「ガチャピンの救急チャレンジ」として、みなさんに市民の役割を強く意識させるデザインを行いました。

お風呂が楽しくなるオーディオブック

オーディオ

お風呂が楽しくなるオーディオブック

Furomimi「おふろであそぼ」

2017年9月~2017年10月
東京ガス

Furomimi「おふろであそぼ」

「へんなかおたいそう」https://audiobook.jp/product/237696
「あのつくものなあに?」https://audiobook.jp/product/238132

東京ガスとの共同開発により、「耳」という感覚器官をしっかり使い、お風呂時間を楽しい遊びの時間にするための親子向けオーディオコンテンツを制作・販売しました。
年中さんから小学校1年生ぐらいまでの子どもが、親子で入浴をする際に、お風呂場で再生して使います。
オーディオブックの音声や音楽に合わせて、体を動かしたり、声を出したり、頭を使ったり、リラックスした楽しいバスタイムを演出します。

「明日への統計2017」

印刷

統計局広報資料

「明日への統計2017」

2017年2月~3月
総務省統計局

http://www.stat.go.jp/info/guide/asu/2017/index.htm

統計局が最近実施した統計調査の結果を、グラフや図を用いてわかりやすく紹介するパンフレット(48ページ)のグラフ作成、デザイン、版下制作を行いました。キャラクターによるコマ漫画やインフォグラフィックスを用い、内容をシンプルに読み取りやすく工夫しています。

暮楽創HOME「将来的なICT・IOT活用サービス」

展示

住宅展示内コンセプト映像

暮楽創HOME「将来的なICT・IOT活用サービス」

2015年3月/2016年11月
東京ガス株式会社

近未来の生活をイメージし、ICT/IOTを活用した将来的なサービスのデモ映像を制作しました。ダイニングテーブルが家族のコミュニケーションの場となる「つながるダイニングテーブル」、家族の健康や暮しをサポートするAIとの暮らしをVRで体験できる360度実写映像など、CGやアニメーションも使って、近未来の生活を表現しています。

「エネクイッチの快適生活」「エネクイッチのクイクイショップ」

アプリケーション

中学校向け学習支援ソフト

「エネクイッチの快適生活」「エネクイッチのクイクイショップ」

2010年~
(株)ジャストシステム

中学校技術家庭で学習できるソフトを企画・制作しました。
プログラミングにおける計測と制御のフローチャートを学ぶ「エネクイッチの快適生活」。目的に沿って、決まった資金と条件の中でお店づくりをしながら、トレードオフを学ぶ「エネクイッチのクイクイショップ」。どちらもキャラクターのエネクイッチと会話する感覚で楽しみながら、くり返しシミュレーションできるソフトです。

高校講座ゲーム部

WEB

NHK高校講座「ベーシックサイエンス」

高校講座ゲーム部

2016年7月~2016年12月
NHKエデュケーショナル

http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/basicscience/room.html

NHK高校講座「ベーシックサイエンス」は「物理、化学」を学習のテーマに、実験を通じて学習していく通信高校生向けの番組です。「物理、化学」のテーマに沿って、高校生向けのゲームを4本作成しました。
このゲームは、 JavaScript を使って作成され、PCのブラウザだけでなく、スマートフォンのブラウザでも操作可能。さらに、SNSでゲーム結果を共有することができます。